ホーム

翻訳やローカリゼーションで4年以上に渡る経験のあるレイサム•スプリンクル日英翻訳編集は質の高い翻訳または一般校正、編集あるいは文書見直しをいたします。貴社の文章に英訳が要りますか。英語が第二言語ので、書いた文書をネイティブチェッカーに校正してもらいたいですか。日本語の論説や文書の英訳、またネイティブチェッカーによる英文校正が必要なら、レイサム・スプリンクルにお任せください。

pexels-photo-288477.jpeg
ビジネス用翻訳

 

グローバル化と共に、規模や分野に関らず、どんなビジネスでも世界規模でお互いに影響しあっています。人工知能技術が進歩しても、機械による翻訳では言語のニュアンスや複雑さを把捉えることが難しく、意味が曖昧になってしまうことがよくあります。Google翻訳などのオンラインプラットフォームは文章の要点を理解するには便利ですが、文化的なニュアンスを伝えることができませんので、ビジネスの為に不適当です。

私、レイサム・スプリンクルは製造・出版・教育・ビジネスサービス・Eコマース・医療機器などを含む様々な業界で翻訳や編集経験があります。以下は、これまでに翻訳したものです。

  • プレスリリース文書
  • 契約書
  • 会社内用Eメール
  • 財務書類
  • 製品説明書
  • 取扱説明書
  • ガイドライン

 

open-book-library-education-read-159621.jpeg
アカデミック翻訳

ビジネスだけではなく、アカデミアな分野でも英語は非常に重要になってきています。日本の学会誌においてでさえも英語概要文が必要とされています。また、グローバルに認知してまらうためには、論文や記事を英語話者にもアクセス可能にする必要があります。しかしながら、このような風潮の中でも、全ての記事や刊行物が英語翻訳されているわけではありません。文科系・理科系分野両方において、日本語のみしかしか書かれていない著作物を持つ著名な専門家はたくさんいます。

弊社は翻訳とリサーチサービス両方を行っています。文科系専門ですが、医療と技術翻訳においての経験もあります。さらに、学会誌論文および現代の一次資料を翻訳の際には、研究テーマにどれだけ関連性が高いものなのかリサーチいたします。

pexels-photo-733856.jpeg
文書レビュー

翻訳されたもの、またその言語で直接書かれた文章でも、他者が目を通して再確認することは非常に重要です。文書を書く上で、スペルや文法ミスは起こりやすいためです。翻訳においてのミスは評価と給料に影響を与える場合もあり、また不自然な表現は論文での議論を阻害したり、見込み客を逃してしまったりする可能性もあります。

弊社は、日英翻訳のチェック、英文の校正・編集、またはどんな言語の文書に対してもレビューサービスを提供いたします。

 

サービスの詳細についてよりくわしく知りたい方は、lathamsprinkle@lstranslate.comに連絡お願いいたします。また、依頼内容の未了見積に関しては以下のフォームを記入お願いいたします。